タオルのコスパの判断基準とは?選び方を解説

引き出しに並んだタオル

タオル選びをするときに何を重視しますか?

素材や触り心地、耐久性などさまざまな選び方のポイントがあるかと思います。

今回は、タオルのコスパに着目して、タオル選びのポイントを紹介していきます。

コスパの良さの判断基準とはどのような点があげられるのでしょうか。

また、おすすめのコスパの良いタオルも合わせて紹介しますので、ぜひご自宅のタオルを購入する際の参考にしてみてください。

t-tajima

この記事はタオル・繊維製品販売の宏進が執筆しています。

タオルの寿命とは?洗濯回数で決まる?

洗濯機

タオルの寿命としての基準とされているのは、洗濯30回とされています。

30回洗濯をしたタオルは、吸水性が落ち肌触りも悪くなってきます。

ホテルでは、交換目安を洗濯30回と設定している場合もあるようです。

洗濯回数が30回であれば、週1回の洗濯で約8か月のサイクルで寿命がくる計算になりますが、家庭で使うタオルは、細かく洗濯回数の上限を設定することは少ないでしょう。

「なんとなく吸水性が悪くなった」「ゴワゴワした肌触りになってきた」「イヤな臭いが洗濯しても取れない」などの理由で交換することが多いかと思います。

洗濯回数30回を基準に考えると、家庭用のタオルの場合、1年を目安にタオルを交換するのが良いタイミングと言えます。

お手持ちのタオルの枚数によって洗濯回数が30回に達する時期は変化しますので、ご家庭のお手持ち枚数で目安を設定してみてくださいね。

タオルは素材によって耐久度が違うのか

タオルとして使用される素材は、綿(コットン)やマイクロファイバー、麻などが代表的です。

綿は、柔らかくてふんわりとした肌触りが特徴です。

綿糸にはさまざまな種類があるため、それぞれ特性が変わってきます。

生地の編み方によっても耐久性が変わり、一例として、ループパイルと呼ばれるループ状の糸が織り出されている編み方があります。

そのパイル部分が長いものを、ロングパイルと呼び、比較的パイルが抜けやすいことが特徴です。

また、片面がガーゼ素材になっているタオルもパイルが抜けやすく、綿の素材であっても耐久度には差が出てくることがあります。

マイクロファイバーは、化学繊維を使って織られており、天然素材である綿や麻に比べると吸水性と速乾性に優れている素材です。

しかし、天然素材に比べると耐久度は低いため、寿命が短くなってしまいます。

麻は、綿に比べて吸水性が高く、耐久度も高い素材です。

しかし、洗濯したときにシワになりやすい点がデメリットとなります。

上記の素材別の特徴を確認すると、耐久度は素材によって違うことがわかります。

抗菌処理されたタオルの寿命

タオルの寿命

抗菌処理が施されているタオルとは、臭いの発生源である菌の増殖を防ぐ効果があるタオルです。

抗菌処理されたタオルの寿命は、タオルの耐久度と抗菌効果の持続の2つの要素が関わってきます。

タオルの耐久度は洗濯の仕方や頻度、柔軟剤の使用によっても変わってきますが、素材をチェックしてみると、およその耐久度は予測できるでしょう。

例えば綿100%とあれば、綿は天然素材なのである程度の耐久度は期待できます。

抗菌効果の継続は、それぞれタオルによって実証されている場合が多く、ものによっては100回の洗濯にも耐えられる商品もあります。

商品の詳細を確認すれば、タオル自体の寿命がわかりやすいかと思いますので、ぜひ購入前に確認してみましょう。

使用頻度によってもコスパは変わる

家庭には、数枚のタオルがあると思いますが、その使用頻度の違いによってコスパも変わります。

タオルの保有枚数が少なければ1枚1枚のタオルの使用頻度は高くなりますし、逆にタオル枚数が多ければ使用頻度は低くなります。

家族の人数や洗濯の頻度によっても変わってきますので、それに応じたタオルの枚数を用意することがポイントです。

使用頻度を基に、タオルは1日いくらで使用できるのかを計算するとコスパがわかりやすいかもしれません。

例えば、1500円のタオルを3ヶ月(90日)毎日使用すれば、1日約16円という計算になります。

使用頻度、使用日数が多い方がコスパが良いと考えられるので、耐久度の高いタオルを購入する方がコスパは良いです。

値段と使用期間のバランスを考えて選ぼう

タオルは100円ショップで購入できるものから、1枚4000円程度の高級ブランドタオルまで、さまざまな種類があります。

安いものを消耗品として短いスパンで使用するか、高級なタオルを長期間使用するかを考えて選ぶと良いでしょう。

タオルのフカフカ感や手触りを重視するのであれば、高級なタオルを購入することがおすすめではあります。

しかし、最近では値段がリーズナブルで機能面も肌触りも良いものも売られています。

例えば、「抗菌防臭タオルイレーズ」シリーズのバスタオルは、綿100%の素材で、抗菌防臭効果のあるタオルです。

部屋干しでも嫌な臭いの素である菌の繁殖を防ぐことができる、抗菌効果のある糸を使用して作られています。

抗菌効果は洗濯を100回しても継続するので、価格から考えて圧倒的なコスパと言えるでしょう。

抗菌防臭タオルイレーズ バスタオル
サイズ:60×120cm
価格:1枚1300円(税込)

>>薄色
抗菌防臭タオル! イレーズ 薄色

>>濃色
抗菌防臭タオル! イレーズ 濃色

まとめ

タオルのコスパは、使用頻度や素材によって変動があることが理解いただけたと思います。

コスパの高さを実感できるのは、リーズナブルな価格で、機能面や耐久度が優れたタオルです。

コスパの良いタオルを求めている方は、ぜひ今回紹介したタオルを試してみてください。