洗濯物のバスタオルを早く乾かすコツとは?部屋干しの注意点をご紹介

洗濯物を部屋干ししている方にとって、なかなか早く乾かすことができないバスタオルの干し方は悩みどころですよね。

バスタオルは他の洗濯物よりもサイズが大きいので干す場所も必要ですし、風通しも悪くなりがちです。

この記事では、部屋干しする際にバスタオルを早く乾かすポイントやおすすめのタオルについて解説していきます。

t-tajima

この記事はタオル・繊維製品販売の宏進が執筆しています。

バスタオルを早く乾かす干し方


バスタオルを部屋干しする際に、干し方をちょっと工夫するだけで早く乾かすことができます。

バスタオルを早く乾かすための代表的な干し方を見て行きましょう。

縦長干し

バスタオルの干し方の中でも一番シンプルなのが縦長干しで、タオルの短い辺を洗濯バサミで止めて縦長に垂らすだけの干し方です。

干し方自体は簡単ですが、バスタオルが床につかない高さにハンガーを掛ける必要があります。

三角干し

三角干しとは、バスタオルの四隅の対向する二隅を洗濯バサミで止める干し方です。

まずバスタオルを横向きにして一隅をピンチハンガー(洗濯バサミがたくさんついている洗濯物を干す用のハンガー)の洗濯バサミで止めます。

次に、洗濯バサミで止められている隅の対角線上にある隅を止めることができるように、バスタオルを翻して洗濯バサミで止めたら完成です。

囲み干し

囲み干しはバスタオルを横長にして、四角い形ができるようにタオルの上辺を洗濯バサミで止めていく干し方です。

バスタオルを広げて干すスペースがなくても比較的風が通りやすい状態で干すことができます。

U字干し

U字干しはバスタオルの四隅を洗濯バサミで止め、ハンモックのような形になるようにする干し方です。

風通しは良いですが、タオルが乾いた時に跡が残ってしまうこともあります。

蛇腹干し

蛇腹干しとは、バスタオルを横長にして蛇腹みたいに波打つようにタオルの上辺を止める干し方です。

省スペースで風の通りも良いのが特徴です。

バスタオルを部屋干しする際のポイント

バスタオルを部屋干しする時にいくつかのポイントを抑えておけば、生乾きの臭いの発生を抑えて早く乾かすことができます。

ぜひ試してみてくださいね。

干す前にタオルをよく振る

洗濯機から洗濯物を取り出した後に叩く、勢い良く振るという動作をすることでしわを伸ばしているという方は多いでしょう。

タオルを早く乾かしたいのであれば、10回ほど大きく振りさばいてみてください。

パイルの形が整う上にタオル内の水分を少し減らすことができるので、乾きやすくなります。

洗濯物の間に風が通るようにする

当たり前だと感じる方も多いかもしれませんが意外とできていないのが、洗濯物を風通しの良い場所に吊るすということです。

洗濯ハンガーのスペースに余裕をもたせて洗濯物同士の間隔を空けて吊るし、なるべく壁などから離れた風が通りやすい場所に干すようにしましょう。

扇風機やエアコン、サーキュレーターを使う

1Rや1Kなど窓が一つしかない部屋の場合は風通しが悪く、部屋に湿気が溜まりやすくなします。

洗濯物の生乾き臭に加えてカビも発生しやすくなります。

扇風機やサーキュレーターを使って部屋全体の空気が循環するようにしてください。

エアコンの除湿機能も効果的です。

部屋干しの臭いが気になるなら抗菌防臭タオルイレーズ

バスタオルを部屋干しする場合、早く乾かすことができないと湿気を帯びて生乾き特有の臭いが発生することがあります。

生乾きの臭いに悩んでいる方におすすめしたいのが、抗菌防臭タオルイレーズです。

抗菌防臭タオルイレーズは抗菌防臭糸サンクローネを織り込んで作られているので、生乾きの臭いの原因となるモラクセラ菌などの菌の繁殖を抑え、臭いの発生を防ぎます。

抗菌防臭タオルのほとんどはタオルを織った後に抗菌防臭の加工をしていますが、抗菌防臭タオルイレーズはタオルに抗菌防臭糸が織り込まれているので、洗濯を100回しても効果が消えません。

抗菌防臭タオルイレーズ バスタオル

抗菌防臭タオルイレーズバスタオルは一般的な大きさの60×120cmで使いやすく、部屋干しにも強いです。

バスタオルを部屋干しするとどうしても生乾きの臭いが残ってしまって悩んでいるという方におすすめ。

抗菌防臭タオルイレーズバスタオルであれば、長く清潔に使うことができて衛生的です。

パステルカラーが揃った薄色と濃いカラーが揃った濃色でカラーが豊富な上に、無地で使いやすいデザインになっています。

>>抗菌防臭タオルイレーズバスタオル 薄色

>>抗菌防臭タオルイレーズバスタオル 濃色

抗菌防臭タオルイレーズ フェイスタオル

抗菌防臭タオルイレーズのバスタオルはもちろん、フェイスタオルもおすすめです。

抗菌防臭タオルイレーズフェイスタオルは、34×80cmの一般的なサイズでカラーレパートリーもバスタオルと同色が用意されています。

フェイスタオルはバスタオルよりも頻繁に使用されて常に濡れていることが多いので、臭いの原因となる菌が繁殖しやすい環境です。

抗菌防臭タオルイレーズフェイスタオルであれば、タオル使用時も干す時も臭いの心配をしなくて済みますよ。

>>抗菌防臭タオルイレーズ フェイスタオル 薄色

>>抗菌防臭タオルイレーズ フェイスタオル 濃色

まとめ

バスタオルを部屋干しする時に早く乾かすためのコツや、生乾きの臭いを防ぐおすすめの抗菌防臭タオルについてご紹介してきました。

生乾き臭の原因となる菌は一度繁殖すると洗濯しても嫌な臭いが残ってしまいます。

生乾き臭を防ぐために、抗菌防臭タオルイレーズを試してみてはいかがでしょうか。